OEM/ODM商品制作において抜群の実績!オリジナル商品制作で不安なことは親切・丁寧にお答え致します!

輸入ビジネスのリスク

  • HOME »
  • 輸入ビジネスのリスク

ここでは中国仕入れビジネスに潜む様々なリスクや注意点について解説いたします。リスクといってもビジネスの世界ではとりわけ特殊なものではありません。国内仕入れと比較した場合の参考程度としてお考えください。

納期リスク

航空手荷物で持ち込む場合を除き、海外から航空機や船舶にて商品を輸送しますので、国内仕入れに比べると時間がかかります。また商品を日本へ持ち込む際には税関による通関検査を受ける必要があります。この検査は繁忙期や物量、品目によってお届けまでの日数が大きく変動することもありますので、事前の納期を確約することができない上、配達日時の指定などもできません。

【中国輸入代行C’na】弊社では、このようなリスクを踏まえた上で、最適な配送業者を選定して発送を行います。配送料が確かに安いけど、蓋を開けてみれば通関でとても高額な請求がきた、などという心配はございません。

言語の違いによるリスク

商談時はもちろん、商品パッケージの表記や説明までもがすべて現地語、つまり中国語でなされています。説明書やタグなども中国語で表記されていますので、表記仕様の内容を正しく把握できていないと、オーダーミスを生んだり、消費者からのクレームに繋がる恐れがあります。

【中国輸入代行C’na】弊社ではお客様の要望に合わせたパッケージデザイン、タグ付けなどを行い、日本向け仕様化をすることが可能です(こちらはOEM商品化支援サービスになります)その他、ご要望があればどんな仕様にも変更できますので、お気軽にご相談くださいませ。

品質(管理)リスク

低コストで大量生産することを最優先する中国製の量産品は、日本の標準的な感覚の品質レベルは期待できません。しかしユニクロ製品に代表されるように、中国製イコール粗悪品、安かろう悪かろうだった時代はとっくに終わっています。とはいえ相変わらず質の低い商品を扱う業者も少なくないのも事実です。優良な業者は生産技術や設備のレベルも格段に向上していますので、それを見極めた上で品質管理も徹底させることで低コストと高品質の両立が可能になるのです。

【中国輸入代行C’na】弊社では、商品仕入れ時・商品発送時と2度に分けて検品を行いますので、不良品のロス率を限りなく抑えることが可能です。また、OPP袋に入れ替えたり、セット商品で販売する場合などの袋の詰め替え作業も可能です。柔軟に対応できてこそ、皆様から信頼される代行業者だと考えております。

決済のリスク

中国での決済方法は現金取引が基本で、中国人同士であっても掛売りで仕入れるのば難しいです。店頭やネットショップなどでカード決済が可能なケースもありますが、うかつに情報を入力してしまうと悪用されてしまう可能性も考えられます。また現金取引による直接売買が安全かつ確実な方法ですが、ニセ札も多く流通しているので支払い時だけでなく日本円から両替する際にも注意が必要です。

【中国輸入代行C’na】弊社では現地視察ツアーなども行っておりますが、商取引上の交渉術に長けた人材がアテンドしますので、安心した仕入れ・両替も可能です。また手数料が高額な日本の金融機関のレートで両替せずとも、中国で安全・有利なレートでの金融機関をご紹介いたしております。お客様の頼れるパートナーとなれることでしょう。

輸入規制のリスク

輸入には様々な法律や規制が存在し、知らずに輸入してしまうと高額な関税を課されたり、法を犯してしまう可能性があります。日本に輸入できない商品を購入してしまった場合は、通関時に没収・破棄され、商品が受け取れないこともあります。買い付け予定の商品については、事前に税関のウェブサイト等の信頼できる情報源で確認しておきましょう。

【中国輸入代行C’na】弊社では日中間貿易業務に精通したスタッフが常駐していますので、いつでもお気軽にお問合せください。 なお事業免許などの関係で、当社にて一部お取り扱いのできない品目がございますことを予めご了承ください。

【当社でお取り扱いできない物品】
鍋釜・コップ・スプーンなどの食器類全般、および歯ブラシ・デンタルフロスなどの口腔関連品
原材料・加工品をとわず食品類全般、防疫規制のある動植物全般
偽ブランド品、薬品、麻薬類、銃火器、火薬類、放射性元素その他法令にて輸出入が規制されている物品

ネットショッピング(タオバオ/アリババ等)のリスク

手軽な海外仕入れの手段として、タオバオやアリババで仕入れているバイヤーさんもいらっしゃいます。いわゆる「せどり」の手軽な手段としてインターネットやビジネスセミナーなどでもよく紹介されていますが、商品ページと比較した現物の色合いやサイズ感などの差異が生じやすかったり、明らかな不良品や類似品といった商品が届くことすらあります。

出店している業者サイドも、サイトの出店審査が甘いことから個人ブローカーやせどり業者が多数出店しており、低レベルなドロップシッピング業者には注意が必要です。
そしてこれは多くの方がご存知ないと思いますが、中国ではタオバオで購入する場合でも値下げ交渉するのが当たり前です。相手の言い値で買った場合でも日本の感覚では安く仕入れられたと感じることも多いかもしれません。でも実はネットの手軽さと引き換えに、チャンスを逃しているのかもしれませんよ?

【中国輸入代行C’na】弊社では、顧客の成功をお手伝することを社是としています。私たちはお客様の成功のための情報提供を惜しみません。中国輸入ビジネスにおいて価格・品質・スピード・正確性すべてにおいて最も優れたパフォーマンスを有しているのがここ広州と考え、この地を拠点として創業いたしました。是非広州での買付をご検討ください。

為替変動リスク

為替レートの推移 - 世界経済のネタ帳ご存知の通り2012年の政権交代後、それまで1元=12~13円だったのがわずか半年で15円台後半、現在では1元=19円~20円という、かつてない急激なスピードで円安が進んだため、調達コスト上昇や、定番品のバックオーダー時などで前回と仕入れ値が大きく変動してしまうケースが発生しています。しかしこれは中国製品に限ったことではなく国産品についても円安の影響で原材料費が上昇しました。多少円安になったからといって利益が全くなくなるということではありませんが、為替変動リスクというものを理解した上で輸入管理をしなくてはなりません。

商習慣の違いによるリスク

日本と中国、互いの習慣の相違を理解しておくことは非常に重要で、これを理解していないと双方の思い込みや誤認によって修復し難い溝を生んだり、適正価格より高値でつかまされる場合もあります。みなさんは中国人商人と聞くとどんなイメージが浮かびますか? したたかで抜け目なく、儲けしか頭にない?・・・・半分正解です(笑) 中国では商売人に対する不信感が根強く、「無商不奸」(商人ほどずるい者はいない)という言葉があるほどで、油断は禁物です。
しかしその反面、商人の世界には「和気生財」という言葉も存在します。これは「互いの仲が良ければ、金は自然に生まれる」という意味であり、一方的な儲けを良しとせず、双方の「和」を重んじ、双方が儲かることが最良の商売とされます。この和とは信頼関係であり、相手をおもんばかる姿勢こそが利益を生む道であるともいえます。仮に交渉が決裂しても、そこまでに双方が築いた「関係」までも壊してしまわないことが肝要です。

【中国輸入代行C’na】弊社では広州に長く滞在している経験豊富なスタッフがいるため、このような商習慣を理解しております。このようなリスクを感じることなく買い付け交渉のお手伝を致します。是非当社へご用命ください。

ビジネスパートナーの選定リスク

インターネットで「仕入れ代行」「中国買い付け」などのキーワードで検索すると、実に多くの仲介業者・コンサルタント・情報商材のウェブサイトが現れます。そこには実力も実績もある優秀な業者もいれば、ろくな知識を持たない口先だけのブローカーもいますが、顧客層にはなかなか判断しづらいところです。後者のタイプは手数料だけとって満足な実務管理ができないので、言うことがコロコロ変わったり、届いた商品が不良品だらけだったりとトラブルだらけの典型的な「安物買いの銭失い」に陥りがちです。前述のように、こういった問題を安易に中国製品のせいにするのは全くの誤りです。ビジネスを指南する以上、優良な業者から優良な商品を優良な価格で提供することは仲介する業者の責務です。もちろん顧客が納得の上で敢えてリスクを冒して価格を最優先して仕入れるというケースはありえますが、業界内で聞こえてくるトラブルにまずそんなケースはありません。
「トラブルにも迅速に対応できるよう、日本と現地いずれにも常駐スタッフがいるか」
「業務の全部また一部を外部のブローカーに委託していないか(情報を開示している場合を除く)」
「専門用語知識や感性的な表現までを的確に通訳できる人材がいるか」
「検品を生産者任せにせず、自社で品質保証できる検品体制があるか」

【中国輸入代行C’na】弊社では、日本・広州といずれにも日本人の常駐スタッフが滞在しており、細かいご要望をお聞きすることができます。多くの代行業者では中国人のみで運営を行っているため日本人が双方にいるという代行業者は数少ないと言えます。弊社では日本事務所がありますので、いつでも打合せすることも可能です。

中国仕入れビジネスのこれから

この10余年間、低価格を武器に世界の工場としての道を歩んできた中国てすが、国内の発展にともない人件費などの生産コスト上昇が進んだ結果、海外メーカーの生産拠点がタイ・インドネシア・ベトナム・カンボジアなどの新興国にシフトしていく動きが出ています。しかしながらこれら新興国はまだ市場経済が未発達であるため、卸業のマーケットが形成されるまでにはまだかなりの時間を要すものと思われ、中国の優位性は当分の間続くことでしょう。周辺諸国の台頭については中国の生産現場も危機感を持っており、デザインや品質面の向上のため積極的な設備投資をしています。ただし旧態然とした低レベルな業者も確実に存在していますので、今後の仕入れビジネスでは、優良な仕入先を見極めるテクニックがより重要性を増すことでしょう。

輸入リスクはある意味、参入障壁になりますので、しっかりと認識して管理をすることで逆にビジネスチャンスにもなりえると思っております。

リスクからお客様を守り、安心して取引をしていただくことが弊社の使命でもあると思っておりますので、ご不明点・気になることがございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

本日の為替レート
上記レート+1円となります。
中国祝休日カレンダー
営業時間 平日 10:00〜20:00
土日、祝日はお休みとさせていただきます。
支払方法

公式ブログ

カテゴリー

広州の街並み

■広州の空港から事務所まで
購入サイト/リンク集
amazon輸入、中国輸入商品リサーチのことならリサーチ代行amalessにお任せ!
PAGETOP
Copyright © 中国輸入代行C'na All Rights Reserved.